包茎手術は重度によって方法が違う?日帰りできる治療・入院必須な治療

包茎手術をするための基礎知識

まずは包茎と一口に言っても、様々な種類があると言う事を自分の症状はどういったものに相当するかといったことを把握しておきましょう。
まず日本人に一番多いのは、仮性包茎です。平常時の小さい時などに亀頭の一部や全体が包皮に隠れている状態ですが、先の皮は広くなっているため手を使えば抜くことができるようなことですのでそのような時に痛みなども伴わないとは言え、手を離すと包皮は元に戻っ適当にかぶってしまうと言う事もあります。平常時だけ覆われている状態や勃起時にかぶっている状態などもあります。
それに対して真性包茎というのはどちらにおいても亀頭を露出できないような状況です。体を使って無理に包皮を剥こうとしても、先が小さいため向くことができないような形になっていて勃起時などに痛みを伴う面もあります。この状態であると恥垢などがたまりやすく臭いなどに問題も生じますし、最近などが繁殖しやすい状態ですので解決しないといけないと言う事が言えるでしょう。真性包茎の場合は一刻も早い治療が必要になります。

包茎手術は日帰りが可能?

包茎にも軽度のものと重度のものがあり、その程度によって、治療法や包茎手術方法、日帰りの可否なども変わってきます。現在は糸と針による切らない包茎手術なども多く増えてきていますし、ペニスを根元に手繰り寄せることによって、亀頭を露出させる方法などもあります。環状切開法というものがあり最もスタンダードな方法ではありますが、とりあえず包茎を治すと言う事を目的に考えられている方法であるため手術後の跡などが解決しに行くと言ったことがあります。
切らない包茎手術なども行われていますものの、少し時間がたつと包茎にまた戻ってしまうようなことやそのような時に包茎が悪化してしまうといった問題などが生じてしまうような場合も起こります。ヒアルロン酸注射などを注入して亀頭部分を大きくし皮が元に戻らないようにする包茎手術方法などもあります。基本的には日帰りでできますが、重度の場合や病院の泌尿器科などでの手術では日帰りができず、入院などが必要になると言ったこともないことはありません。

まとめ

今回は包茎の程度によって、どのように包茎手術が変わってくるかといったことについてご説明してきました。基本的に日帰りはできる傾向がありますが、しかしながら麻酔などをしっかりで行うなどと考えている場合は入院を受けて治療すると言う事もあります。真性包茎などの場合では保険がきき、安く済ませられる傾向がありますが、軽度の仮性包茎などの場合は美容手術になるため保険がきかず費用が高額になりがちであると言う事に注意しておきましょう。

コメントを残す