日帰り包茎手術後の経過と過ごし方の注意点

日帰り包茎手術が完治するまでには約3週間

日帰り包茎手術を受けて傷が完治するまでには、術後だいたい約3週間くらいかかります。おおよその経過としては、まず3日目くらいまでは痛みがけっこう厳しいので、家でなるべく安静にしているのがおすすめです。べつに禁止されてはいませんが、なるべく仕事や学校は休む方が無難です。1週間ほど経過するとかなり痛みもおさまってきて、経過が良好であれば包帯をとっても大丈夫かもしれません。2週間程度経過すると、かなり傷も治りほとんど通常通りの生活ができるようになるでしょう。しかし、まだ傷の痛みが残っているようなら、性行為やマスターベーションなどはしない方がいいです。傷口から雑菌が入ってしまうことも考えられます。
包茎手術では、傷口は糸で縫合されているため、術後に抜糸が必要になりますが、自分で抜くことも不可能ではありません。少し痛みはありますが、自分でスルスルを引き抜いてしまうこともできます。自分でやるのが心配ならクリニックに行きましょう。また、自然に溶解できる糸を使用していれば抜糸作業は不要です。

日帰り包茎手術後の生活の注意点

日帰り包茎手術を受けたあとの生活で注意したいのは、まず患部を清潔に保つということです。日帰り包茎手術を受けた直後は、ペニスは包帯でぐるぐる巻きにされています。術後3日目くらいまでは、ずっとそのままの状態にしておいた方がいいでしょう。包帯が濡れて不潔にならないように注意する必要があります。オシッコはペニスの先端部分は露出しているので、通常通り行うことが可能です。
ここで注意したいのが、他人に見られないように注意することです。包茎手術を受けたことは、なるべく人に知られたくはないでしょう。ですから自宅外のトイレを使う場合は、なるべく大便用の個室で用をたすようにするといいかもしれません。外部から患部への刺激も極力回避しましょう。何かが患部に当たると、酷い痛みが襲ってきますし、傷口が開く可能性があります。それから性行為・マスターベーションなどは、傷が完全に治るまではやってはいけません。

まとめ

日帰り包茎手術の傷が完治するまでには、3週間程度かかるのが普通です。術後3日目くらいまでが、かなり痛みがあってしんどいですが、そこを切り抜けるとだいぶ楽になってきます。包茎手術を受けた後の生活では、安静にしていること、患部を清潔に保つことなどが一番重要になってくるでしょう。それから、包茎手術を受けたことを他人に知られたくないなら、トイレに行く時などに大便用の個室を使うなどの工夫が必要になってきます。また、性行為は傷が完全に治るまで控えなければいけません。

コメントを残す